披露宴の受付を頼まれたら

何かと悩む受付係のマナー・作法

結婚式.com » 披露宴 受付 マナー

初めての披露宴 受付係。一体どうすれば・・・

披露宴の受付係を頼まれたら

結婚式での受付係は、披露宴会場の窓口であり両家の代表として、先ず最初に招待客に接する立場なので、適切な振る舞い、服装、そして言葉使いが要求されます。

また、当日は早めに会場入りして、両家ご親族の方々へ顔見せも含めてご挨拶をしておきます。

その後、披露宴会場の係りの人や他の受付係との打ち合わせを事前に行います。(この時、係の人・他の受付の人の顔を覚えておきましょう。金銭トラブルを防ぐ為に。)

受付の仕事は、ただ、招待客のご祝儀と記帳を受け付けるだけでなく、色んな役割が含まれてきます。

例えば、会場の簡単な間取りなども把握しておかなければならないでしょう。

控え室の場所やトイレの場所、喫煙場所など比較的聞かれやすい所は事前に把握しておくべきですし、その他、遅刻や欠席など通知を受けている方の対処。また、特別なお客様(VIP)の案内など。

そして何より、新郎新婦の代わりとなって招待客の皆さんに感謝の気持ちを込めて接する、ということが一番大事なことではないでしょうか。


祝儀袋(お祝い金)の管理が一番重要

ご祝儀:お金の管理

そして、一番気を付けなければならないのが、お金の問題です。

これに関しては、式場のスタッフは一切関知しません。(その理由はコチラでチェックを» 素朴な疑問:披露宴の受付係。対処・服装・マナー【結婚祝.com】

必ず、両家親族の方達と事前に打ち合わせの上、誰にご祝儀袋を渡すかを明確に決めておかなければなりません。

この辺が曖昧だと、トラブルの原因となります。

また、慶事の祝儀袋の場合、幾ら金額が包まれているか解りません。(内袋に記載されているので。)そこで、中身をチェックする為に祝儀袋を開封される方もいらっしゃるかと思いますが、これもマナー違反です。

何か問題があった時、要らぬ疑いが掛けられるからです。


| 受付係のマナー

①親族の立場に立って対応する。
招待客が受付に来られたら、必ず立ち上がって迎えるようにして下さい。

そして、お祝いの言葉に対して身内の気持ちになって心から「ありがとう御座います」と感謝の気持ちを述べます。

②祝儀袋を受け取る。
ご祝儀袋は、必ず両手で受け取るようにして下さい。そして、「ありがとう御座います。お預かり致します」と丁寧に述べ、お盆の上に置きます。
その際、祝儀袋の向きを招待客の方へ直して置くようにしてください。

③記帳をお願いする。
芳名帳に記帳をお願いします。その際、「お手数ですが、こちらにご記帳をお願いいたします」と一言添え、筆記用具を両手で差し出します。

たまに記帳を断られる方がいらっしいますが、極力協力してもらうよう言葉を添えて下さい。

その後、控え室(待合室)への案内を行い、記帳して頂いた名前をチェックしておきます。

*注意
預かったご祝儀は一箇所にまとめ、受付中目を離さないようにして下さい。
その後、受付が終了したら芳名帳と共に用意していた袋などに入れ、事前に決めておいた親族の方(会計の方)へそのまま渡します。